Landing Octopus

志村由美さんなど声優さん中心に適当に。一応ネギまも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

スタチャの戦略を考える(1)

師走の候、衝撃的なニュースが。

林原めぐみが来年3月16日に過去のアルバムを11枚同時再発売
[声優CD売上予想・雑談スレ]

3/16 Half and Half (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91151
3/16 WHATEVER (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91152
3/16 Perfume   (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91153
3/16 SHAMROCK (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91154
3/16 SPHERE   (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91155
3/16 Enfleurage  (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91156
3/16 bertemu   (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91157
3/16 ravat    (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91158
3/16ふわり   (限定盤) 林原めぐみ \3000 KICS-91159
3/16 VINTAGE S (限定盤) 林原めぐみ 3780 KICS-91160
3/16 VINTAGE A 林原めぐみ 3780 KICS-91161

3月、決算対策としてどのレコード会社もやることとは言え、ここまで露骨なものは空いた口が塞がりません。

前置きしておくと、私はスターチャイルドレーベル(≒キングレコード)が嫌いということは全くありません。むしろ、頑張ってもらわないと大変困りますし、あくどいと批判される商法に乗せられている典型的な声ヲタであります。

例えば、私の好きな堀江由衣はもしスタチャがなければ、ファンから見ても能力と年齢の限界がうっすら感じられる現在では、売れない若手並まで仕事は激減するのが目に見えています。また、白石涼子も若くて、歌上手くて、顔も良いとは言え、現状を考えればもう一生ピンのラジオ番組なんて持たせてもらえないかもしれません。

そして、私は特に堀江由衣で商法に思いっきり乗せられてます。「ほっ?」の時は後に「嘘限定煽り」と売上スレで叩かれまくった方法に乗せられ、ファンサイトで非公式情報出た翌日にアニメイトに予約に行きました。「sky30枚」とネタにされた「sky」の時にはイベント参加券のために前金全額予約でアルバム4枚買って弘前にまで遠征しました。
ファン以外から見ればやっぱり堀江信者って・・・と思いますよね?(笑

とまあ、こんな私が文句言う筋合いあるのかとも思うんですが、それにしてもこの方法は疑問を感じざるを得ません。
 椎名へきるも今年過去のシングル15枚同時リリース実行したのですが、このやり方は「落ち目」を認めて賞味期限切れ寸前に処分しようとしているような印象どうしても受けてしまいます。
 確かに、林原はアニメは非スタチャ長寿アニメのレギュラーのみ、CDは漸減傾向、出産後は活動控えめ、と人気も下落傾向にあるのは明らかで、短期的な商売の視点では正しいのかもしれません。しかし、最も売れたアルバムで声優歴代最高の277,600枚を売り、スタチャとラジオ関西の蜜月を作り上げた功績を考えると悲しいものがあります。

私は林原のファンでもアンチでもありませんが、ファンは複雑な心境なんでしょうね。濃いファンにある種の失望を与え、全部買うようなことはしないライトファンを引かせる。特に全国十数局ネットのラジオ番組を持つこと生かして全国にライトファンを持つ林原には打撃ではないんでしょうか。長期的にはファン離れを加速させるだけではないかと考えます。
 自分の立場で考えて見ると、堀江由衣なんかでこれやられたらと思うと…悲しみつつ釣られて結局買ってしまいそうな気もしますが。(笑

林原自身はどう思ってるんですかね?アーツビジョン所属時代からイベントは極力出ない、ファンクラブも持たないという商売っ気薄いところをアピールしながら、一方で本やコラムの出版方面などでは商魂逞しかっただけに…

考えてみたら、林原って外部(特にヲタ業界外)からはアイドル声優って位置づけられながら、本人も、またスタチャの売り出し戦略も、一部では典型的なアイドル声優を受容しつつ、他方では拒否してきて今の地位にあるんですよね。本人も、売り出し方もアイドル声優を完全に受容して現在がある堀江由衣あたりとは違って。

これまでのスタチャが、宣伝面でも林原に大きく依存してきた(HS・TBNで曲を掛け、ゲストとして呼んで宣伝)だけに、この商法で長期的視点での林原の没落早めた後、「林原後」は考えているんでしょうか。

声優の路線とか、キャラソンの隆盛とかあるんでしょうが、すいません長くなったのでまた近いうち書きます。
後記:つづき→スタチャの戦略を考える(2)
同じテーマのブログを探す

「林原めぐみ」「スターチャイルド」
スポンサーサイト
  1. 2004/12/20(月) 00:13:47|
  2. 声優|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://umany.blog2.fc2.com/tb.php/33-1279b9da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。