Landing Octopus

志村由美さんなど声優さん中心に適当に。一応ネギまも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

麻帆良祭2005夏

アンコールのハッピー☆マテリアル。

これに尽きます。
出演者にとっても想定外だったアンコールのハピマテ、
率直に感動。声優さんたちも感激した様子でした。

Kフェス2005 麻帆良祭2005夏+つくねちゃん
幕張メッセ9ホール Kステージ 15:40頃~


ステージイベント時間押してるらしく、入場は15:30過ぎてから。
10ホールを出る列に並んでいたとき、ステージ終えて戻る水木一郎を目撃。
見るからにステージで燃え尽きた姿でも、ネギま待機列からの「お疲れ様です」の
声にその都度熱く熱く応えるアニキが印象的でした。

入場時には既に柵外に幾重もの人、人。
千枚配布で券余ってたとは言え、物販列が2時でも1時間待ちだから
柵外これだけ出るのも仕方ないのか。
中にいる人も中にいる人で、デカい荷物ロッカー預けてる人妙に少ないのが謎。
オールスタンディング分かり切ったことなのになぜわざわざ跳ぶのに邪魔な・・・

ステージ左方向2階席の窓からスタッフが入場状況チェックし、揃ったところで
カウントダウン開始。ステージイベントある講談社作品の紹介になってるんですが、
カコヨク右に流れてく天満なんて天満じゃねえ、とか思いつつ見てましたw

佐藤利奈が司会で登場。麻帆良Tシャツに赤黒チェックスカート。昨日と同じ。
(参照:「Kフェス2005」開幕! 新作ゲーム試遊台や人気アニメステージイベントが盛りだくさん
りにゃ可愛いよ(*´Д`)

最初は「魔法少女つくねちゃん」の紹介ということで桃井はるこ登場。
会場に漂ってた、んなもん知らねえよ臭を一気に吹き飛ばしたモモーイは流石。
「D・V・D!D・V・D!」ワロタ。激安のつくねちゃんDVD紹介して、
OP曲1曲歌って退場して行きました。

ネギま部分開始。
神田さん登場で1曲目に「魔法じかけは恋のライバル」。
後半の、互いを見つめ合うフリが印象的。
その後りにゃout松岡由貴inで2曲目「Confession」。
(昨日はここが野中藍&小林ゆうの「聖なる空の下で」。)

佐藤利奈がステージ戻ってトーク。
佐藤「confessionてどういう意味なんですか?」
神田「どういう意味?」 松岡「どういう意味?」
佐藤「こんなこともあろうかとネギ先生が調べておきました~」
神田「あ~そうだ。あたし駅前留学してるのに」
松岡「NOVAってるの?」  のやりとり面白かった。

佐藤?「大人の愛という感じの曲なんですが」
佐藤?「エヴァは」  松岡「ネギの中にナギを見てる」
神田「で、アスナちゃんはタカミチ、と」
ということで、年上に恋するという共通点でこのデュエットに決定したとのこと。
それでも最初聞いたときは
神田「ネギでも木乃香でもなくエヴァちゃん?」とご本人も驚いたようですが。

トーク部は「Confession」についてが中心。
松岡「この曲どっち先に録ったんだっけ」
神田「どっちでしたっけ」
松岡「あ、あたしだ。あたし先に曲聞いた。あたしたち実はすごく声質似てるんだよね。2番の○○部(忘れた)3小節が神田、4小節目から私が追いかけるんだけど私たちが聞いてもわからない。」
神田「うん」
松岡「もちろん、それぞれ特徴あるからわかるんだけど、それでも似てるの。あたしネギま!日記で朱未のこと褒めたの。ホントに鈴の音みたいだって。これって自画自賛だったってこと?」
・・・客席の反応微妙w ネギま日記で褒めたってのは5月24日の「鈴娘。」
曲は発売未定と言いつつも、(CD用に)ちゃんとレコーディング済みとのこと。

佐藤「せーの」 客席「2-Aのみんな~」で他メンバー呼び込み。
左から佐藤・神田・松岡・野中・小林・堀江・門脇・志村で、右から挨拶。
本人のキャラよく出てた挨拶&自己紹介でした。

由美たん。ちっちゃくてかわえ~(*´Д`)
隣の舞太の顎の辺りに頭あるんですよ。サイン入りパクティオーカード抽選のとき
背伸びして、りにゃに頭ナデナデされてたのに激萌え。
「ネギまの最終回を見て泣いてしまった」そうで。

ほちゃ。携帯日記で言ってた合図はアレですか。
客席は微妙についてけませんでしたよw
トークでも一人「アスナが死んでカンチが落ち込んで相談来た」とか独自路線
突っ走ってましたが、客席キョロキョロとか、あのいつもに増しての(ヲ
挙動不審っぷりも堀江クオリティということなんでしょうか。
ま、麻帆良Tシャツ+チェックのスカートの衣装可愛かったからいいんですがw

あとはうろ覚えだけど藍ぽんが「京都弁で苦労した」とか
りにゃが「原作のネギ君は成長してるけど、自分は成長してるのか」とか。
小林ゆうは話した内容忘れたが、相変わらず真面目だが不器用な人だな
という印象。後ろ姿萌えにこだわって藍ぽんと2人で
「聖なる空の下で」のフリ考えたらしいですけど、
(「ラリルれにちようび」より、from猫とアニメと声優さん
ツインテなら確かに後ろ姿萌え。

最後に全員で「ハッピー☆マテリアル」。
フリが簡単なこともあって、普段声優イベなんてこないような人まで会場が
一体になって跳んで、フリ入れて。盛り上がります。熱いです。ハピマテは。
2月以降のハピマテは、2番冒頭部は各組で1番人気?の声優当ててるような
感じだったんで、該当者多い今回は誰がここ歌うのか気になってたんですが、
ほちゃ+藍ぽん(たぶん)でした。

歌い終わって出演者が捌けたのはどう考えても当初予定より相当押した時間。
それでも続く「もう1回」コール。まさかね、ほんとにもう1回やってくれるとは。
しかも「鳥肌立った」(藍ぽん?)とか言ってくれるとはね。
「音源これしかないんで」とは言っていたが、ハピマテだからこその
この盛り上がりでしょう。1回目よりさらにさらに熱かった。
曲最後のスモーク発射には舞台上も素で驚いてましたw
退場時のほちゃ投げキッス(;´Д`)ハァハァ

朝の時点では、スタッフの列捌きの拙さ(直前の雨で濡れた階段を、
追い越し放置、後ろからの押せ押せ状態でダッシュで下らせるetc.)やらで
メチャメチャ不愉快だったんですが、こんな気分良く帰れるとは思いませんでした。

スタッフが5時に閉めるからさっさと帰れと急かす中、2階ステージ左方向窓から
手振ってくれた出演者の皆さん、ほんと乙でした。
次は年末に「大規模に」やるというイベントに期待。

レポ無駄に長えな。帰りのバスで爆睡したら記憶あいまいだし。
あとハピマテで燃え尽きたの効いたか、喉痛い&(重い荷物持ったもあるけど)
右腕筋肉痛ぎみ。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/18(月) 17:33:47|
  2. ネギま!|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。