Landing Octopus

志村由美さんなど声優さん中心に適当に。一応ネギまも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まほらば 第18話 感想

いろいろ買い物した後、車で1時間ほどの実家へ。
世間的に平日の日に休めるのは気分いいですね。
学生の時は毎日休みみたいなものだったのに。
とりあえず溜め録りしておいたネギまとまほらばを回収。
時間ずれたのと1時間スペシャルあったのには参りましたが・・・

・まほらば 第18話「にゃーにゃーにゃー」
まず今回は何よりも
新井里美GJ!でしょう。
梢、早紀、魚子、千百合、棗の5つもの人格の演じ分け。
プロとしては当然なのでしょうが、非常に印象に残りました。
よく声優さんが声優を志望したきっかけとして、子供の頃見たアニメでの
演じ分けに感動して自分も…、という点を挙げているのを目にしますが、
声優の演技がそのような力持ちうることを実感させられる話でした。

ラジオ(愛のまほらば劇場)ではこの人大丈夫か?というくらい
強烈なキャラクター発揮してる新井里美だけになおさら。

原作では灰原さんがメインの数少ない話だった訳ですが、
オリジナル展開に。バラさん哀れw
5つの人格が揃って出てくる夢を見た白鳥くん。
起きてみたら梢ちゃんが次々と・・・という話。

まず最初は早紀。ツンデレ∩( ・ω・)∩バンジャーイ
ネコに説教とかキャラ出てます。4コマワロタ。沙夜子さんに踏まれるネコw

次は魚子。ヤバい。これは反則ですよ。いくら精神年齢6歳でも
体は梢ちゃんのままで押し倒してムギュ~は(*´Д`)

下半身スリスリされたら逝ってしまいますよ。
つーか、白鳥きゅんよくあの状況で理性保ってられるな・・・
おままごとのご飯はティッシュですかw「そろそろ寝ましょうか」(´Д`;)ハァハァ

5/4追記:gif動画で見ると魚子たんのエロさがさらに・・・
(from吠刀光さん)


3番目に千百合。声は一番好きです。サトミンの素に近い感じで。
ネコにまでコレクト!は相変わらずぶっ飛んでます。
つーかネコ用コスはどこから?そういえば桃乃さんいないのにメガネも…

最後に棗。他の人格は一度梢に戻ってから再チェンジしたのに、
隆子たんに着替えてる間に直接千百合→棗にチェンジしたのが謎ですね。
展開の都合と言えば実も蓋もないですがw
白鳥くんが隆子たんになると微妙に声も変えるんですね。うりょっちGJ。
人格戻って棗ツインテの梢も新鮮。

ちょこっと出ただけの住民もクセあるキャラの持ち味よく出てました。
演出とか、細かいところには全く不満ないわけではないですが
原作より話膨らませた脚本もよく出来てます。
ネコ5匹と人格5つがこういう風に結びつくとは・・・
9巻の巻頭で作者が「アニメがステキな感じでウキウキ」とコメントしてるのも納得。
赤松健の日記と比べればアニメとしての出来の差は明白ですね。
つーかまたどうしょうもない糞作画だったらしいじゃないですか。ネギ。

何より、原作既読とはいえ、途中飛ばして1話だけパッと見の人間でも
マターリ楽しめるのがこのアニメの素晴らしいところです。
DVD楽しみ。 【“まほらば 第18話 感想”の続きを読む】
スポンサーサイト
  1. 2005/05/02(月) 21:58:53|
  2. まほらば|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:0

佐藤利奈さんの誕生日。

本日、5月2日は佐藤利奈さんの誕生日。

らじおどっとあい第19代パーソナリティに、月1回→隔週→毎週と
出世していったネット配信の「あの空で逢えたら」。
今月28日には東大アニ研の五月祭イベ「佐藤利奈 東大の空で逢えたら」
8月12日にはマキシ「Memories of Summer」発売と、
最近の活躍ぶりはりにゃファンとして嬉しい限りです。

次の誕生日までの1年、どんな活躍見せてくれるんでしょうか。

ここ1年では、ネギまイベでの微妙にあたふたした司会っぷり(←ここに(*´Д`)
が一番印象に残ってるんですが、また生で逢いたいですね。
五月祭行きたいんですが土曜日ってのが・・・

アニメが終わってからという次のネギまイベでは、PS2版2時間目の
「魔法じかけは恋のライバル」歌ってくれるんでしょうか?
DVDではあの笑顔だけでなく舞台袖の緊張した表情も見れた
2学期イベの「オシエテ恋のIdiom」を超えるもの期待してます。
ピチパツの制服姿も素晴らしかったですねw

忙しくなって行く中、これからも体に気をつけて、
色々な役で、色々な仕事でりにゃボイス聞かせてもらいたいものです。
誕生日おめでとうございます。
  1. 2005/05/02(月) 11:43:35|
  2. 声優|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

天皇賞の結果より

せっかくのGWだし、ってことで東北方面行ってました。

ちょっと山の方行くと普通に桜がまだ見頃ってのは流石。
他は、人はともかく、ほんの2か月程なんで大学の頃と変わらないですね・・・
風も例によって強いし。

5/2も休みもらえて感謝してます。


競馬の天皇賞あった訳ですが、
・・・いいんだろうか?こんな結果で。

「湿った馬場で来るミスプロ」とは言え、母父ミスプロ系の2頭で決まって、
スズカマンボなんかが勝つとはなあ・・・

このショボメンバーにこの勝馬。正直萎えました。
アンカツの騎乗は誉められて然るべきとは思うけど。
ここ1、2年で古馬長距離陣の弱体化が一層加速しているのは感じていましたが
2年連続で、鞍上や展開で結果が大きく変わってしまうのが今の長距離戦なんだ
ということを長距離の最高峰たるべきレースで実感させられたのは
哀しみにも近い、複雑な気分です。

日経新聞の野元のような、距離短縮論者もそれ見たことか、
とばかり勢いずくことが容易に想像しうることもさらに何とも複雑な気分にさせます。

スターの誕生に期待、というのは最終手段である一方、
消極的で長期的に見てほとんど何も生まない、嫌いな手段ですが
生産や競争体系から、長距離界にはそのスターの誕生すら
全く期待出来ないのが深刻です。

単にレースの格を保つなら世界から馬を集める手法もありますが、
マカイビーディーヴァもゴネたうえこの結果では今後どうなるか・・・

いずれにせよ、距離短縮などの見直し論には納得できないながら、
現状の変革を望む、ある種矛盾した姿勢をとっていることが何とももどかしいです。
  1. 2005/05/02(月) 01:05:58|
  2. 競馬|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。