Landing Octopus

志村由美さんなど声優さん中心に適当に。一応ネギまも?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

まほらば金

まほらばの最終回、てっきり白鳥くんの告白までいって終わりだと思っていたら
オリ展開で倒れた梢が元戻ったところまでで終わったようですね。
原作の見開きで1コマが連続するあのシーン、
アニメでどうやって表現するかも興味あったんですが・・・

絵本展開がやや冗長だったという声がある以外は各所見ても
最終回も非常に評判良かったようです。1時間SPだったのも大きかったようですね
見れない自分がつくづく残念です・・・ 来月は早く実家帰って回収してこよう・・・

25話「告げる夜」は珠実が梢への愛を宣言し、隆士を問い詰め、
そして、恋が破れる…
という原作読んでもインパクト強かった話だったようなので、ここを
堀江由衣がどう演じるか、ほちゃファンとしても非常に気になっていたんですが
感動したという感想はあれ、由子が下手で萎えたというような感想ないの見る限り
いい演技したようで何よりです。 早く自分の目でも見て、聴きたい・・・
堀江由衣の演じるキャラのタイプが定型化してきていた中、
こういった今までにはそうなかったタイプのキャラを好演したのは
(個人的にも、珠実はかなりハマっているように思えた)
ファンとしても嬉しいことです。単なる㌦声優で消えていくには早すぎますしね。

でもこのアニメで演技と言えば何と言っても新井里美ですね。
梢・早紀・魚子・千百合・棗の5役演じ分け。
最初、あまりにオバさんっぽいって批判多くて、実際そうでもあるんですが(笑)、
それをはねのけた演技力は賞賛に値するのではないかと。
まほらば通じてこの声優さんにかなり持つようになりました。

ま、興味持ったのは本人のキャラに拠るところも大きいんですけどw
まほらば劇場で衝撃を受けたり、シカイ良好☆ふんたららんにゲストに来た日
ちょうど9話「これくと」の放映日で、絶対この人しかこの役できないなと実感したり。
ラジオ聴いた後の千百合役のハマリっぷりは凄かったw

そんな新井里美と白石涼子の「愛のまほらば劇場」が先週更新してました。
http://www.mahoraba.info/radio.html
最初、なぜか一人で進行するうりょっち。
一人なのに必死でサトミンと一緒の時のテンションなうりょっちワロス。
でも遅れてきたプリプリサトミン本人のテンションには敵いませんでしたw
あとは、友人A~Cの名前応募結果発表してましたがどれも微妙。


ガンガンWING7月号も買って来ました。初めて。
目当てはもちろん、ドラマCDの「まほらば金」。
なんつーかね、
ガンガンWINGにはまほらばしかねえのかと。
まほらばCD目当てで買った奴が言うのもなんだけど、
何ヶ月連続でまほらばが表紙なんだよw

ドラマCDはベタベタな展開ですね。「試験勉強の夜」。
このくらいベタなのがまほらばっぽいのかもしれないがw
「このニブチン野郎」(;´Д`)ハァハァ 
設定は2人がつきあい始めてからの夏休み前ってとこか。

CD後半は「ドクピンとブラブラのあらすじ地獄」という名のWING他作品宣伝。
乗っかれるだけまほらばに乗っかかる魂胆か。
しかも、各作品のドラマCDのキャストが無駄に豪華なのは
自分みたくまほらばCDに釣られた声ヲタを釣りあげる為なんでしょうか?w

ドクピン・ブラブラの中の人はもちろん出てますし、天正やおよろずは保志総一朗、
田村ゆかり、神田朱未、沢城みゆき、とこの手のにしてはやたら豪華だったり。
スポンサーサイト
  1. 2005/06/28(火) 00:58:09|
  2. まほらば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

愛のまほらば劇場 ざ・びでお

白鳥くんデッサン風の梢がジャケットの
まほらばのDVD第1巻は特典が豪華。
限定版映像特典:
○ 愛のまほらば劇場 ざ・びでお
○ ワーニングアバン(テレビを見るときは~)
その他:
○ サントラCD
○ キャラカード

サントラは全27曲収録。単独で売ってもいいくらいの出来。
これ聞くと、アルバム「鳴滝荘へいらっしゃい」収録のキャラソンはサントラ曲に歌詞つけてアレンジしたことよくわかります。
(参照:まほらばスタチャ公式HP 試聴ページ
1/3ダースの夢(4コマの曲)→きみのちかくへ(白鳥くんキャラソン)みたく。

キャラカードは原作中で棗が使っていたトランプ。毎月付いてくるらしいですが、
今月は珠実のジョーカー。アニメEDの魔法使い珠実。
同じ日に買ったネギまの2枚(ハピマテ4月・師匠)にもスカカード付いてましたが
大きさ3/4でもこちらの方がインパクト大。
珠実の魔法使いならどの正式版パクティオーカードより強そうだw


一番の注目はやはりうりょっち・さとみんの愛のまほらば劇場ざ・びでお
新井里美=梢ちゃんのイメージ持っていた人(いるのか!?)、

見ない方がいいです。
沙夜子さんみたく生きる気力なくすこと確実です。


ラジオ版と変わらない、凄まじいハイテンション。顔出しの分、インパクトは倍増。
新井里美の顔だけ見ていればこんなトークする人間にはとても思えねえ。

お題は原作の感想、OA第1話見ての感想、お気に入りのセリフ、等々
普通のDVD収録対談のお題なのにトークは普通のテンションではありませんw
さとみん、原作の感想で「5重人格」と言いかけてるし。
初期と今とでは全く違うと言っていましたが、確かに第1話見ると梢ちゃんは
微妙に今と受ける感じ違う。何というか、おば(ry

新井里美のキャラクターは貴重です。なんと言うか、浅野真澄のラジオを
初めて聴いた時の衝撃と言うか・・・ 誰か地上派で使ってやってくれ~
さとみんにキスされるうりょっち(;´Д`)ハァハァ

ところで、新井里美がDVDでパンチラとか話が出ていたので(笑)、
その辺も意識しつつ(ヲ 2回目見たんですが、
・・・正直よくわかりませんでした。
まあ、これだけ激しいリアクションしてればそりゃパンツくらいw

本編(1~3話)は元々クオリティ高いだけにOAそのまんま。
OP全面作り直しのどっかのネギまとは違います。画はやはり綺麗。

・愛のまほらば劇場 第10回
http://www.mahoraba.info/radio.html
ゲスト:時田光
インターネットラジオの方もゲスト迎えてハイテンション放送。
早送りで聴いてみると凄いテンションなことわかります。
銀先生のお仕置きエロいよ(*´Д`)
結構声幅広いらしい時田光。この人女だったって初めて知ったんですがw
出演者の間でも「これくと!」の話は評価高かったんですね。

ドラマアルバム「脇役天国・・・かも」のジャケット絵、
部長の変態マゾヒストっぷりが素晴らしい。
http://www.mahoraba.info/release.html
  1. 2005/05/15(日) 13:26:44|
  2. まほらば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

まほらば 第18話 感想

いろいろ買い物した後、車で1時間ほどの実家へ。
世間的に平日の日に休めるのは気分いいですね。
学生の時は毎日休みみたいなものだったのに。
とりあえず溜め録りしておいたネギまとまほらばを回収。
時間ずれたのと1時間スペシャルあったのには参りましたが・・・

・まほらば 第18話「にゃーにゃーにゃー」
まず今回は何よりも
新井里美GJ!でしょう。
梢、早紀、魚子、千百合、棗の5つもの人格の演じ分け。
プロとしては当然なのでしょうが、非常に印象に残りました。
よく声優さんが声優を志望したきっかけとして、子供の頃見たアニメでの
演じ分けに感動して自分も…、という点を挙げているのを目にしますが、
声優の演技がそのような力持ちうることを実感させられる話でした。

ラジオ(愛のまほらば劇場)ではこの人大丈夫か?というくらい
強烈なキャラクター発揮してる新井里美だけになおさら。

原作では灰原さんがメインの数少ない話だった訳ですが、
オリジナル展開に。バラさん哀れw
5つの人格が揃って出てくる夢を見た白鳥くん。
起きてみたら梢ちゃんが次々と・・・という話。

まず最初は早紀。ツンデレ∩( ・ω・)∩バンジャーイ
ネコに説教とかキャラ出てます。4コマワロタ。沙夜子さんに踏まれるネコw

次は魚子。ヤバい。これは反則ですよ。いくら精神年齢6歳でも
体は梢ちゃんのままで押し倒してムギュ~は(*´Д`)

下半身スリスリされたら逝ってしまいますよ。
つーか、白鳥きゅんよくあの状況で理性保ってられるな・・・
おままごとのご飯はティッシュですかw「そろそろ寝ましょうか」(´Д`;)ハァハァ

5/4追記:gif動画で見ると魚子たんのエロさがさらに・・・
(from吠刀光さん)


3番目に千百合。声は一番好きです。サトミンの素に近い感じで。
ネコにまでコレクト!は相変わらずぶっ飛んでます。
つーかネコ用コスはどこから?そういえば桃乃さんいないのにメガネも…

最後に棗。他の人格は一度梢に戻ってから再チェンジしたのに、
隆子たんに着替えてる間に直接千百合→棗にチェンジしたのが謎ですね。
展開の都合と言えば実も蓋もないですがw
白鳥くんが隆子たんになると微妙に声も変えるんですね。うりょっちGJ。
人格戻って棗ツインテの梢も新鮮。

ちょこっと出ただけの住民もクセあるキャラの持ち味よく出てました。
演出とか、細かいところには全く不満ないわけではないですが
原作より話膨らませた脚本もよく出来てます。
ネコ5匹と人格5つがこういう風に結びつくとは・・・
9巻の巻頭で作者が「アニメがステキな感じでウキウキ」とコメントしてるのも納得。
赤松健の日記と比べればアニメとしての出来の差は明白ですね。
つーかまたどうしょうもない糞作画だったらしいじゃないですか。ネギ。

何より、原作既読とはいえ、途中飛ばして1話だけパッと見の人間でも
マターリ楽しめるのがこのアニメの素晴らしいところです。
DVD楽しみ。 【“まほらば 第18話 感想”の続きを読む】
  1. 2005/05/02(月) 21:58:53|
  2. まほらば|
  3. トラックバック:8|
  4. コメント:0

タイトル思いつかない

疲れた・・・
就職してすぐ、毎日毎日、遅いと10時過ぎまで残業ってのもなあ・・・


ネギラジプレミアムCDは外見のショボさと裏腹にボリュームたっぷり
かなり濃い内容。桑谷ナチャーンはいいやさぐれキャラしてるなあw
この5人だとカンださんとキャラ微妙に被ってしまうのが難点ですが。
まだ1回さっと聞いただけなので、時間ある時にじっくり聞きたいですね

日付変わって本日はまほらば9巻発売日。
桃乃さんの過去話気になる・・・
本屋開いてる時間に帰れるといいんですが

まほらば 第9巻 (9) [amazon]
  1. 2005/04/27(水) 00:17:11|
  2. まほらば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

友人A友人B友人C

やっちまった・・・録音セットしてたつもりなのに・・・
聞き逃しました。白石涼子の聞かなきゃ☆そん♪Song! _| ̄|○

が、しかし!

今日はあるんです。
2ヶ月ぶりの「Internet Radio 愛のまほらば劇場」が。
http://www.mahoraba.info/radio7_128.html

おかげでうりょっち分補給できました。面白いわ。たぶんそん♪Song!よりも。
新井里美のおかげで久々でもテンション高え。
ラジオからは読書好き三島由紀夫好きなぷりぷりさとみんは想像できません。

ラジオドラマ。脇役の友人A、友人B子、友人C子の名前を募集しますっ!か
普通にエロール、釘バット、ホモスキーじゃだめなのか?

まほらば DVD第1巻ジャケット画公開
http://www.mahoraba.info/release.html
モノトーンの梢ちゃん(;´Д`)ハァハァ

佐藤利奈のあの空で逢えたら 第15回
http://onsen.ag/
animate.tvでやってる方聞くと、スパイシーがいるよりピンの方が面白いような…
とにかくシングル発売おめ。8/12発売っての考えるとコミケでのイベントは確実か。
アニメイト独占販売ってのがかなり気になるんですが・・・

佐藤利奈NEWマキシシングル『Memories of Summer』
http://www.chambers.co.jp/sp/sns.html

ネギまほラジお最終回、予告通り2日連続更新されましたが、まだ聞いてません。
最終回スペシャル長そうだし、じっくり何回も味わっときます。
麻帆良学園の制服コスプレ(*´Д`)ハァハァハァ
  1. 2005/04/23(土) 00:28:21|
  2. まほらば|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。